一般向けの不動産投資方法|便利なリロケーションサービス|期間限定で賃貸物件にする方法

便利なリロケーションサービス|期間限定で賃貸物件にする方法

男性と女性

一般向けの不動産投資方法

アパート

ワンルームでできる投資

不動産投資の業界で一般的にマンション経営という場合は、ワンルームマンション投資のことです。この他の不動産投資としてアパート経営があります。マンション経営を目指す人が多いのは、初期投資にかかる費用を抑えることができるからです。アパート経営の場合はアパート一棟を購入する資金が必要ですが、マンション経営ならマンションの一室を確保すればいいので資金はそれほど必要ないのです。そのためサラリーマンでもマンション経営はできるのです。ただしリスクの面から見てみると、空室が出た場合にマンション経営は一室しかないので家賃収入が入ってこなくなります。アパート経営は数個の部屋があるので、空室が出てもその他の家賃で賄うことができます。このような点を頭に入れておけば、マンション経営を順調に行うことができます。

収益物件を探すことが重要

マンション経営では一室だけの投資なので、空室が出ないような部屋を購入することが大事です。このような部屋を収益物件といいますが、その第一条件は駅まで近いという点です。駅まで徒歩圏内にあるマンションなら、例え空室になってもすぐに次の入居者を確保できます。またマンションというのは位置によって生活環境が変わります。一日中日当たりの良い角部屋は人気がありますので、このような部屋を確保できれば安定した家賃収入を得られます。ただし角部屋は他の部屋に比べて料金が高いので、将来の家賃収入と見合うかどうかを検討して選ぶようにします。ほとんどの人はワンルームをローンで購入しますが、収益物件を確保すれば毎月家賃が入ってくるのでそれをローンの支払いに回すことができます。